ブログURL変更

ブログのURL、変更しました。

今後は以下になります。

 http://nekomemo2.jugem.jp

以前のURLもまだしばらくは使えます。(たぶん)

(追記:6/20前後までみたいです)

 

有料ブログに移行したので、これで画像の容量は気にしなくてよくなった。

引き続き、怪しいガジェットやスマホをいじり続けていく予定です。

STM8S103F3P6ボード(また購入)

STM8S103F3P6ボードのコレクター(?)としては最安値に挑戦してみたくなる。

AliExpressで0.6ドルで売ってるところがあったので購入。

到着までに一ヶ月以上かかった。

その間、セールで5%オフになってた。0.57ドル、もはや誤差範囲。

ピンヘッダは付属でないので、別途購入して半田付け必須。

それはいいんだけど、同時に頼んだ他のものが入ってなかった。

安いところはこういうことがよくある、実は今もまだ別の店で同じことが起きて、戦ってるとこ。

 

DX.comだと3ドル前後。そのうちの一つだけど、写真では安物とそう変わらない。

3ドルぐらいでも十分安いし。

たぶん基板のVカットとかがもうちょっと深くてささくれてないとか、少しはまともな状態なんじゃないだろうか。

 

それに商品説明のところにダウンロードリンクがあって、そこから基板の資料やマニュアル、サンプルコードのセットが落とせる。

ほとんど中国語なんで、逆に使いにくい。

それとSTマイクロが提供しているツールと、Cosmic社のコンパイラを使うことが前提になっている。

無料みたいだけど、ダウンロードにはユーザー登録が必要。

 

そこまでたいそうなもの使わなくてもいいというか、自分があんまり使いたくない。使用する環境はWindowsが前提だし。

 

個人的にはちっちゃいマイコンボードなんだからSDCCでいいじゃんと思うので、引き続きそっちで頑張っていくことにする。

(でもその方がずっと大変な気がしなくもない)

HTC Desire Z(メインボード交換)

引き続き修理してます。
一応USBコネクタは確保したけど、それだけじゃダメっぽいのでもう中古を一台買って使えるパーツを合体させようと考えた。
…んだけど、ちょっと軍資金が厳しくなってきて、中古でそこそこのものを手に入れるのは難しいと解った。
諦めきれずにebayでずっとDesire Zを検索してたんだけど、メインボードが売ってる。

 

これなら新品なんでハード的には問題なさそうだけど、ファームウェアとかどうなってるんだろう?ROMはからっぽなんだろうか?とか、いろんな疑問が湧いてきたので試しに買ってみることにした。

イギリスのお店からで本体は15ポンド程度。送料は別。

しかし為替のことをすっかり忘れてて、最終的に日本円で4000円近くかかった。ドルじゃなくてポンドだもんね…。
素直に中古でもう一台買ったほうが、他のパーツも取れてよかったのかも。
でも発送&到着は早かったし、トラッキング無しとの記載だったのに付いてきた。中国からの荷物と違ってとっても優秀。

中国から購入するより、ヨーロッパから購入した方が到着が早いという不思議。

 

一度バラしたことがあるんで組み立ては問題なし、電源を入れたら普通に起動した。

うーん、普通すぎてつまらなかった。

サービス用パーツを放出してるのなら、ファームウェアぐらい入っていても当然か。

 

あとはセッティングして元通りなんだけど、別のOSにしようかどうか悩んでいるところ。

何と言ってもスペックが低いので、あんまり使い物にならないならこのまま使ってもいいかもと思い始めた。

もうすでにAndroid 2.0あたりの古いスペックのスマホは持ってないので、しばらくは遊んでみます。

Blackberry Passport(vs 電子書籍)

Q10やQ5のときにはさすがに電子書籍を読もうとは思わなかったけど、Passportのサイズなら意外と快適。
最初はPDFを読んでいたけど、サクサク表示してくれて表示もキレイで読みやすいので、これならと思った。
Blackberry Worldにkoboアプリがあったので、インストール。

 https://appworld.blackberry.com/webstore/content/31507993/?lang=ja&countrycode=JP

日本でインストールすると、ちゃんと楽天koboになった。

ただ、これは結構古いバージョン。
しかもGoogle Playから見ると更新可能、実際にはAndroidアプリか。

でも現在のkoboアプリは非常に使いにくく(だから以前電子ブックリーダーを購入したんであって)、正直このバージョンのものが一番便利。
同期させたら「本棚」のジャンル分けもちゃんと反映されたので、このままのバージョンで使ってます。


本家オライリーから直接購入したファイルも問題なく読み込めてるけど、不満があるとすればデフォルトでは辞書が英語のしか出てこないことかな。

これは辞書をダウンロードしてくればいいのかもしれない。また調べてみるか。
あと、いきなり落ちることがあったのがちょっと気になる。(原因不明)

Createbot Super Mini 3D Printer(その12)

ようやくメーカーから、プリンタの土台が届きました。

割れてしまったガラスのテーブルとは違い、最終的に樹脂(というか、基板の素材であるガラエポらしい)になった。

なんか画像だと黄色っぽいけど、実際にはもっとくすんでる。

 

この素材だと割れないのは間違いなさそうだけど、放熱があまり信用できないかも。

土台の裏にヒートシンクつけてやろうかな。

さっそく交換と思ったけど、届くまでに割れたガラスをガチガチにテープで固めて安定させてしまったので、またヒビのところが曲がってきたら交換する予定。

 

中国のメーカーにしては対応は早くてありがたかったけど、ここまで来るには結構時間がかかった。

ガラスのだけではどうしても壊れる心配があるらしく、他の製品と一緒に梱包したかったらしくて

「もう一台プリンタ買わない?」

と、打診があった。まだいらないって。

なのでフィラメントを買う予定があったので、Createbotのところから発注して一緒に梱包してもらった。

しかし割れた方を返せと言われなくてよかった、あんなのゴミでしかないのに送料がもったいない。一応とっといててあるけど。

 

ちなみに購入したフィラメントは、素材に木を含むPLA。

こういうの。(一例)

中国から買ったところで上記より少し安い程度だけど、一度使ってみたい素材だったので買っておいた。

次に怪しい小物を作るときには使ってみる。